車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » 

アコードワゴン

読了までの目安時間:約 2分

ホンダ・アコードワゴンは、ホンダ上級クラスのワールドカーです。ゆったりとした、乗り心地の良い居住空間で、セダンからの乗り換えもおすすめ。

 

ワイドボディなので、大きな荷物も楽々収納でき、高性能でスムーズな走りも期待できます。家族や仲間とアウトドアに出かける時も大活躍です。

 

アコードクーペ

読了までの目安時間:約 2分

ホンダ・アコードクーペは、アメリカンテイストの優れた機能を兼ね備えた、画期的なスペシャリティカーです。グリーンガラスやデュアルエキゾーストなどが施された、スポーティで流れるような美しいデザインと、リラックスできる居住空間を兼ね備え、非常に高い人気を誇っています。

 

アウディクーペ20V

読了までの目安時間:約 2分

アウディがかつて開発・販売し、日本でも販売されていた『アウディクーペ20V』をご紹介したいと思います。

 

この『アウディクーペ20V』はアウディ80の派生車種として販売が開始されました。

 

アウディQ7

読了までの目安時間:約 2分

アウディ社(ドイツ)が開発・販売するSUVタイプの車である『アウディQ7』をご紹介したいと思います。

 

この『アウディQ7』はアウディの中でも新しいシリーズであり、はじめて発表されたのは2005年にデトロイトで行われたモーターショーになります。

 

アウディ

読了までの目安時間:約 2分

フォルクスワーゲングループに属するドイツに本社を置く『アウディ』をご紹介したいと思います。

 

自動車会社としては1909年にインゴルシュタットで設立され、駆動系においてクワトロという4輪駆動システムを持つことでも知られ、ディーゼルエンジンの開発技術の高さも『アウディ』の特徴になります。

 

アヴァンシア

読了までの目安時間:約 2分

ホンダ・アヴァンシアは、本田技研工業が生産し、販売していたステーションワゴン型の乗用車です。

 

このアヴァンシアは、上級クラスセダンの質感を保ちつつ、2765㎜のロングホイールベースと3ナンバーサイズのワイドボディで、広くてゆとりのある空間を演出し、愛用者に自由と快適さを提供してきました。

YRB

読了までの目安時間:約 2分

ダイハツ自動車工業がかつて開発・販売していたハッチバックタイプの『YRV』をご紹介したいと思います。

 

この『YRV』は2000年に販売が開始され、2005年まで販売されていました。

 

2000年代初頭におきたRV車ブームにあわせてダイハツが投入した車種であり、クルマとしての性能の高さが認められ、『YRV』のエンジンは様々な車種に搭載されることになりました。

 

投入された直後は1300ccエンジンでは世界最高のエンジンとまでいわれました。

 

『YRV』の基本性能は、ボディタイプ「5ドアハッチバック5人乗り」エンジンタイプ「K3-VET型直列4気筒ターボ(1.3L)・K3-VE型直列4気筒(1.3L)・EJ-VE型直列3気筒(1.0L)」トランスミッション「4速AT・5速MT」駆動系「FF(前2輪駆動)・4WD」全長「3,765mm」全幅「1,625mm」全高「1,535mm~1,565mm」燃費性能「14km/L~20km/L(10・15モード)」となっています。

 

ちなみに、このエンジン性能については現在でもこれを超えるエンジンはないとさえいわれておりいまでも活躍するエンジンです。

 

なお、当初はトヨタにOEM供給がなされるという計画がありましたが、結果的に行われず、トヨタのスターレットの復活も期待されていましたが実現しませんでした。

X-90

読了までの目安時間:約 2分

x-90は1993年の東京モーターショーに参考出品車として出展され、1995年に日本国内向けに発売されました。
先にアメリカで発売されて話題となりました。

 

x-90は初代エスクードの2ドアモデルがベースとなっています。x-90の特徴は、なんといっても個性的なスタイルです。

 

WRX

読了までの目安時間:約 2分

富士重工業が製造している乗用車である「WRX」インプレッサについてご紹介したいと思います。

 

1992年に「WRX」は登場し、現在も引き続き販売されているシリーズになります。初代GC型・GF型が登場してから現在では3代目GE・GH・GV型が2007年から販売されています。

 

That’s

読了までの目安時間:約 2分

That'sは軽自動車の中でも、かなり室内空間が広いのが特徴です。

 

天井が高いので頭の上にも空間が余裕にあって、後部座席に座る人にも圧迫感を与えず、広く感じてもらう事が出来ます。

カテゴリー
最近の投稿