車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » センチュリー

センチュリー

読了までの目安時間:約 2分

センチュリーがフルモデルチェンジされたのは1997年で、従来の気品と安心をより進化させて開発されました。

外観の基本イメージはこれまでのスタイルをほぼ踏襲しています。その特徴はエンジンにあり、トヨタ初のV型12気筒DOHCを搭載しています。

そして、VVT-i機構の採用、電子制御スロットルによる静粛性で、余裕のある走りを実現しています。

トランスミッションは6速ATのみで、インテリアはインパネやコンソールに、同一素材からの切り出しにより模様が統一された本木目を採用しています。後席尊重の装備で、制振材、吸遮音材の各所への配置で、電子制御サスペンションによるしなやかな乗り心地を実現しています。

前後の席では、独立した温度設定が可能なデュアルオートエアコンなども採用しています。また、後席では、シート表面から冷風を吹き出すコンフォータブル・エアシートが搭載されています。

センチュリーは、デュアルSRSエアバッグ、運転席、助手席と後席両サイド席用に4つのサイドエアバッグを全車に標準装備しています。

2006年の改良では、メーター内にフォグランプなどのインジケーターを追加しており、2008年には、ディスチャージヘッドランプや地デジチューナーを装備しています。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿