車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » セルボ

セルボ

読了までの目安時間:約 2分

360ccの旧規格によるスポーツカーから数年の時を経て550ccの新軽規格車として、1977年にセルボの発売をはじめました。

初代セルボは、車体が新規格に合わせて寸法が拡大されており、エンジンは、水冷2ストローク直列3気筒539ccを後部に搭載しました。

外観では、フェンダーミラーをタルボ型からスクエアなデザインに、バンパーを大型化にするなど、ユーティリティーでは、フロンテクーペでは完全な+2仕様だったリアシートを大型化すると共に、可倒式にしてラゲッジスペースとして使えるようにするなどの工夫をすることにより、乗車人数に合わせて快適な空間を演出できるようにしました。

以降2009年までに、4回のフルモデルをおこないました。

2006年にフルモデルチェンジをした5代目は、全車5ドアのみにして、円弧をモチーフとした動感あるデザインで個性を演出していることから、男性ユーザー向けに考えて開発したと伺えます。

また上級グレード車には、Bluetoothを用いた携帯電話のハンズフリーシステムを標準で備えることで、電話が鳴っていてもボタン1つの操作で、会話ができるようになりました。

2009年に改良した時には、内外装のデザインを変更するとともに、エンジンを自然吸気エンジンの燃費がよくなったため、「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、エコカー減税に適応できることになりました。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿