車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » ホンダ・コンチェルト

ホンダ・コンチェルト

読了までの目安時間:約 2分

ホンダ・コンチェルトは、ホンダが生産、販売をしていた、
小型自動車で、1988年~1992年に販売されていました。
製造していた国は、日本とイギリスで、
スペックは、定員5人、ボディタイプには4ドアと、5ドアのタイプがあり、
変速機は4速ATと5速MT、駆動方式はFF/4WDで、
最上級グレードである、「JX-i」では、ディスクブレーキが採用されていましたが、
4WD仕様ではリヤがドラムブレーキになっています。
日本仕様車は日本国内で、欧州仕様車は英国のARGで生産していました。
シビック、アコードの間の車格という位置の車種でしたが、
欧州のスタイルの特徴がよく見られるクラスレス車で、クリオ店で取り扱っていました。
当時のホンダには珍しい、車高が高くボンネットが長いという、
セダンらしいスタイルをした車です。
コンチェルトの装備は、かなり充実していて、上位グレードでは、
フルオート・エアコンディショナーがついていて、
1.6Lクラス初である4スピーカーオーディオ、オートアンテナなどが標準装備であり、
4ドアセダンにはオプションで本革シートも用意されました。
コンチェルトは、警察の覆面パトカーとして導入もされていました。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿