車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » コロナクーペ

コロナクーペ

読了までの目安時間:約 2分

コロナクーペは、キャッチコピーとして「ザ・ストリーム・ライナー」(前期型)と「美しいクーペさえあれば。」(後期型)として売り出され、コロナの2ドアクーペの新シリーズとして、1985年に登場。

実質的には、T160型セリカの日本国内向けのノッチバッククーペ版にあたり、T140型コロナ2ドアハードトップ(FR)の後継車両として採用されていた。

しかし、コロナクーペと名乗っていますが、同時代のセリカ、カリーナEDとの姉妹車で、コンポーネンツはコロナとは違うものを使用している。

エンジンは1600ccツインカム16バルブ・EFIの4A-GELU、1800ccシングルカム8バルブ・セントラルインジェクション(Ci)の1S-iLU、2000ccツインカム16バルブ・EFIの3S-GELUの3種である。

姉妹車のセリカとカリーナEDの売れ行きが好調なのに対し、コロナクーペは、同T160型セリカ譲りのスタイリッシュなスタイルの割には比較的地味な存在だったので、車の売れ行きは不調でした。

1987年8月、マイナーチェンジと同時に2000ccハイメカツインカム16バルブエンジンの3S-FELU型が追加し、のちの1988年5月に1800ccエンジンが1S-iLU型から1800ccハイメカツインカム16バルブの4S-FiLU型に変更されものの、売り上げには繋がらず1989年9月に生産終了をした。
なお、後継車として、4ドアハードトップの「コロナEXiV」が登場している。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿