車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » コルサ

コルサ

読了までの目安時間:約 2分

1978年8月に、トヨタで初めての前輪駆動車(FF車)として、姉妹車のターセルと同時に販売を開始する。
コルサの車名は、イタリア語の「疾走、競走」から由来されている。

初代のボディタイプは、3ボックス4ドアノッチバックセダンと、2ボックス3ドアの2つだったが、3代目は3ドア/5ドアハッチバック。
4代目は3ドアハッチバックと4ドアセダンで、先代の5ドアハッチバックは消滅となり、生産終了までに、コルサは何度も改良を重ねている。
発売当初は1500cc(SOHC・4気筒・1A-U型)のみだったが、1年後に1300cc(SOHC・4気筒・2A-U型)とオートマチック(1500ccのみ)を追加する。
初代と次の2代目は前輪駆動車(FF車)でありながら、現在ではあまり見られない、エンジンを縦置きに搭載するという方式をとっており、そのため、4mをわずかに切る全長ながら当時のコンパクトクラスとしては、最長を誇る2,500mmのホイールベースを可能にした。
なお、エンジンの縦置きを採用した理由としては、既存のオートマチックトランスミッション搭載に有利なこと、エンジンの整備性が向上すること、不等長ドライブシャフトに対する等長ドライブシャフトの優位性(トルクステア軽減)などが挙げられていた。
しかし3代目が登場し、ボディタイプがスターレットをベースになっていたため、エンジンは横置きに変更される。
グレード展開として4ドアセダンは、「VIT-X」、「AX-X」、「AX」の3種類。
3ドアは上から「シンシア」、「ソフィア」、「モア」、のカタカナ表記となっていた。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿