車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » クラウンワゴン

クラウンワゴン

読了までの目安時間:約 2分

トヨタを代表する車として知られるクラウンのバリエーションである
『クラウンワゴン』をご紹介したいと思います。

ご存知の通りクラウンは1955年に初代の「RS型」が販売され、その後ステーションワゴンタイプの『クラウンワゴン』が販売されるようになりました。

のちに販売されることになる『クラウンエステート』は11代目・12代目のクラウンになります。
ここでは8代目『クラウンワゴン』の基本性能をご紹介いたします。

ボディタイプ「ステーションワゴン(5人乗り)」、エンジン「1JZ-GE型(2.5L) DOHC・1JZ-GE型(2.5L)VVT-i」、変速機「4速AT・5速MT・4速MT」、駆動系「FR」。

燃費性能についてはカタログスペックで「7km/L~10km/L」となっています。
ちなみに、この『クラウンワゴン』は国内販売台数で記録を作ったカローラを月間販売台数で上回ったこともあり、高級車でありながら記録的な販売実績を獲得した車種としてもしられています。

なお、上述の通り、8代目の後からはクラウンワゴンとしての販売はなく『クラウンエステート』として販売されるようになりました。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿