車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » デボネア

デボネア

読了までの目安時間:約 2分

デボネアは、走るシーラカンス、との呼び名を持つ三菱の高級車です。
1964年に登場し、当時の国産小型車として全長は最長で、ユニットコンストラクションフレームなどを有した最高級乗用車といえるでしょう。

デボネアの特徴はなんと言ってもその硬派なイメージです。
スタイリングを受け持ったのはハンス・S・ブレッツナーで、彼は元ゼネラルモータースのデザイナーでした。
デボネアを見るとわかりますが、押し出しの強い印象を受けるスタイリングは、まさに1960年代のアメリカ車を思わせます。
中古車市場でも未だに高値がつけられているのも、デボネアの人気を伺わせます。

デボネアは、22年間という長期間、販売製造されてきました。
ヤマハSRシリーズのモーターサイクルと同期間ということになります。
その間、デボネア・エグゼクティブ、デボネア・エグゼクティブSEと誕生しますが、エンジンの差異にほぼ留まります。

デボネアがフルモデルチェンジしたのは1986年です。
2代目となったデボネアは、ある意味定番なセダンスタイルとなりました。

居住性と積載性に富んでいるのが特徴です。
バブル期と重なったことで、高級感溢れる装備が施されています。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿