車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » エリオ

エリオ

読了までの目安時間:約 2分

2001年1月29日にカルタスの後継車種として、スズキエリオが登場しました。
「コンパクトな車体と広くゆとりある快適な室内空間、高い走行性能などを追求した小型乗用車」というコンセプトで、室内ではシートを高めに設定することで、乗り降りや操作性に配慮をすることができ、居住空間と走行中の使い勝手を考えてみて開発しています。

当初は、5ドアハッチバックのみで販売していましたが、同年11月に、4ドアセダンがラインナップに加わりました。
高い走行性能を考えて、エンジンは1.5Lと1.8LのDOHCガソリンエンジンを採用しています。

駆動方式はFF(前輪駆動)と4WDの選択が可能で、1.5Lの2WD車は、国土交通省による「平成17年排出ガス基準50%低減レベル車」の認定を取得しており、時代に合った地球環境にも対応した車に仕上げています。

2004年7月のマイナーチェンジには、1.5Lは前後バンパーとフロントグリル、サイドドアモール、サイドアンダースポイラー、フォグランプの装着、ホイールデザインなど、外観、インテリア等の大幅な変更が図られおり、対して1.8Lは外観の変更は行われず、インパネ、コンソール、メーター類のデザインをすべて一新して、インテリアのみの変更となりました。

しかし、2006年に後継車のSX4の登場で、5ドアハッチバックが廃止され、4ドアセダンのみの販売になりましたが、ユーザーの意向と合わないまま売れ行きが上がらず、2007年に4ドアセダンも製造中止になりました。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿