車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » エクシブ

エクシブ

読了までの目安時間:約 2分

カリーナEDを兄弟車にもつ、トヨタコロナEXiV(エクシブ)。
EXiVは「Extra Impressive(際立って印象的な)」と略した造語に由来する。

排気量は1.8L、2Lの2種類のエンジンで、駆動方式はFF(前輪駆動)をラインナップ。
搭載エンジンは直列4気筒DOHCで、ハイオク仕様となる2Lの180/170馬力とレギュラー仕様140馬力、1.8Lの125馬力の3種がある。
これらのミッションは、5速MTか4速ATの2種類選択ができる。

セダンとしての居住性(ラグジュアリー性能)は低く、5ナンバーサイズボディで4ドアピラーレスハードトップを採用。
熟年層向けなイメージであったコロナセダン・カリーナセダンとは違い、スタイリングを優先し作られたため、若年層に受けが良かった。

なお、1993年10月にモデルチェンジした2代目は、4ドアで1740mmの全幅としたピラードハードトップとなり、バブルの影響もあり、今までの狭かった後席のスペースも拡大され、大型化と安全性で3ナンバーとなる。
2代目の後期モデルでは、ABSと助手席エアバッグを全車標準装備し、マルチAVステーションをオプションとして設定できる。
グレードはスポーティな2L搭載TR-G、装備充実のTR-X、デュアルモード4WD装着のTR-R、1.8LのみのTRとなる。
TR-Xにはaセレクションや安全装備がセットになったSCパッケージを用意。

最上級のTR-Gには、2Lスポーツツインカムユニットを搭載し、ノーマルモードとスポーツモードの切り替えできる、世界初デュアルモード4WS(4輪操舵)を搭載している。
同時にリヤスポイラーや、15インチアルミがセットになったBセレクションも用意している。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿