車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » ホンダ・ビート

ホンダ・ビート

読了までの目安時間:約 2分

ホンダ・ビート(Beat)は、ホンダが製造、販売していたオープン2シーター軽自動車です。

1991年~1996年までの期間に、製造・販売されました。
スペックは、定員2名、2ドアオープンのボディタイプを採用、変速機は5速MT、駆動方式はMRになっています。

バブル時代に企画、発売された、平成ABCトリオと称される3車種の、
スペシャルティカーのBにあたる車がホンダ・ビートで、ビートの総生産台数は3万3,892台と、平成ABCトリオの3車種の中で、一番多い台数を誇っています。

ビートには、NSXと同様の、ミッドシップエンンジン・リアドライブが採用されていていますが、開発チームのスタッフは別々で、双方の交流もありませんでした。

生産終了から長い期間が経った今でも、状態の良い個体には、高値が付くこともあります。

ホンダ・ビートは、軽自動車としては初の四輪ディスクブレーキ、サイドインパクトビーム、SRSエアバッグを採用しています。

パワーステアリングは装備されていないので、ハンドル回転時の遊びはあまりありません。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿