車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » カルタス

カルタス

読了までの目安時間:約 2分

1983年に、スズキの提携先であるGMとの共同開発によって誕生したのが、カルタスの始まりです。
値段が安い割には、装備が充実していることでパトロールカーとして、交番などによく配備されていました。
当初は3ドアで、エンジンはFF駆動の直列3気筒1.0Lで発売をしていましたが、のちに、5ドアの直列4気筒1.3Lが新たに追加しました。
その後1988年にフルモデルチェンジをした時には、旧モデルの3ドア・5ドアハッチに加えて、2ドアコンバーチブル、4ドアセダンとバリエーションを広げ、その分価格を高く設定しました。
テールランプがアメリカンなチェックな模様から、国産車風の横基調2分割になり、リアナンバー位置もリア・ガーニシュからバンパー下部に、内装部分も変更されました。
また、ブランド『コシノヒロコ』仕様をした上級グレードでは、彼女がデザインしたシート表柄があり、より高級感が高まることで、年配層の購入を意識した仕上がりになりました。
初代カルタスの重量が620kgで、軽自動車並みの軽さの割には燃費が良いので、スポーツカーに乗っている感覚のパワーがあり、とても走りやすいと評判がありました。
しかしその反面、その重量の軽さが裏目にでてしまい、バランスが悪い上、トラクションのかかりが良くなく、濡れた路面での発進には結構気を使うところや、電動パワステの違和感とエンジン音がうるさいとの口コミもあることから、評価の良し悪しがきれいに分かれてしまいました。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿