車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » ラクティス

ラクティス

読了までの目安時間:約 2分

ラクティスは05年に初代モデルが登場していて、車高約1.7mのトールワゴンタイプ2BOXのボディーで、コンパクトカーのヴィッツより広い室内空間と積載性を持っているのが特徴になります。
新型ラクティスのボディーサイズは全長3995×全幅1695×全高1585mmとなっていて、扱いやすい5ナンバーサイズをキープしながら、室内幅を40mm拡大してゆとりを増しています。
外観のデザインは室内のスペースを確保するため、直線を基本としています。全体的にボックス型のイメージを素直にデザインに表したような、すっきり感が印象的となっています。
バンパー周りは滑らかな曲線で構成されていて、モダンな印象も取りいれています。後面は前面のシャープさをより進めて、エッジを利かせたデザインを採用しています。
iQにも通じるデザインで、ボディーが大きい分だけ存在感のあるデザインになっています。
また、側面のドアにも折り目を入れ、リアにつながるデザインとその上にあるワイパーで拭いた後のようなデザインの窓を強調しています。
内装のデザインは、センターの三角形のセンターパネルデザインが最大の特徴で、全体としてはなだらかな曲線基調になっていて、センターだけを三角形のデザインでコンパクトにまとめています。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿