車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » ラティオ

ラティオ

読了までの目安時間:約 2分

ラティオは、ティーダティオ(TIIDA LATIO)のことで、単に「ラティオ」
と呼ばれることが多いです。
社用車、教習車、タクシー用の仕様車もあります。
ラティオの車名の由来は、「LATIO」は、英語で「Latitude」からの造語で、
行動の自由、裁量、などの意味が込められています。
ラティオのスペックは、定員5人、変速機は4速AT、エクストロニックCVT、
5速MT(教習車仕様)があり、駆動方式はFF、4WDです。
2004年に、ティーダの派生者として、ティーダの1か月後に販売が開始されました。
海外向けのモデルもあり、いろいろな国の製造工場で製造されています。
エンジンは1.5Lと1.8Lの2種類があって、
教習車仕様のエンジンでは、1.6Lエンジンもあります。
グレードの構成は、「15S」、「15M」、「15G」、「18G」の、
4つのグレードから選ぶ事ができて、15S、15Mには4WDの
「15S FOUR」、「15M FOUR」が用意されています。
また、法人専用のグレードである「15B」もあって、
15Bをベースにした教習車仕様のものもあります。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿