車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » カローラレビン

カローラレビン

読了までの目安時間:約 2分

トヨタのカローラシリーズの一つである『カローラレビン』についてご紹介したいと思います。
この『カローラレビン』は1972年に初代「TE27型」の販売が開始され、
7代目となる「AE110/AE111型」が2000年まで販売されていました。

『カローラレビン』の基本情報は、ボディタイプ「2ドアクーペ(4人乗り)」、
エンジン「①5A-FE型直列4気筒・②4A-FE型直列4気筒・③4A-GE直列4気筒」、
最高出力「①100ps/5,600rpm・②115ps/6,000rpm・③165ps/7,800rpm」、
変速機「5速MT・6速MT・4速AT」、駆動系「4速AT」。

燃費性能に関してはカタログスペックで「19km/L」となっています。
この『カローラレビン』という車種は小型スポーツクーペであり、1600ccクラスの車として
長年販売されてきましたが、上述の通り2000年にはその販売が中止され、中古市場で見つけるしか
購入方法はなくなりました。

車としての性能はモータースポーツに使われていた車であることからもわかるとおり、
国内問わず、海外でも人気の高い車種として知られていましたが、クーペ自体の人気が下がったことで
販売が終了したとのことです。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿