車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » MAX

MAX

読了までの目安時間:約 2分

ダイハツ自動車工業が以前開発・販売していた『MAX』という軽自動車をご紹介したいと思います。

 

この『MAX』という車は2001年に登場し、2005年まで販売されていました。

 

これまでダイハツは立体駐車場に入らないムーブ等の車種が主力となっていて、
より利便性のよい軽を開発するというコンセプトのもと開発されました。

 

『MAX』の基本性能は、ボディタイプ「5ドアセミトールワゴン(軽)4人乗り」エンジンタイプ「EF-VE型直列3気筒(659cc)・EF-DET型直列3気筒(659cc)・JB-DET型直列4気筒(659cc)」最大出力「58PS~64PS」最大トルク「6.5kgm~10.5kgm」トランスミッション「4速AT・5速MT・CVT」駆動系「FF(前2輪駆動・4WD)」燃費性能「15km/L~22km/L(10・15モード)」全長「3,395mm」全幅「1,475mm」全高「1,550mm」となっています。

 

ダイハツの『MAX』は軽自動車としてはめずらしい4気筒エンジンを搭載しているモデルがあるということも大きな特長としてしられています。

 

ただし、当時より軽の価格帯を抑えようとしていた会社が多かったため他社に比べて割高な車という印象が強かったようです。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿