車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » モビリオスパイク

モビリオスパイク

読了までの目安時間:約 2分

モビリオスパイク(本田技研工業株式会社)を知っていますか?
モビリオスパイクは、トール型のワゴンとして、ホンダから2002年から2008年にかけて、製造・販売されていました。
同車は、モビリオの派生車種として登場しました。
販売時のコンセプトは、趣味を楽しめる車でした。
姉妹車のモビリオと異なるのは、リアクオーターウィンドウを止めて、小物入れにしたりと、趣味を楽しむための工夫が施されている点です。
後部座席のドアはスライド式を採用しています。
大きな特徴として、荷室が大きく、使い勝手が良い点です。
これに関しては、ユーザーも満足している人が多いようです。
そんなモビリオスパイクのユーザーの声を確認してみましょう。
「車内が広く、使い勝手が良い」、「不満はあるものの、それを補う実用性があり、長く乗るための車」、「荷室が広く、使い勝手が良く、燃費も良いが、車内のルームミラーが見にくい」など、良い評価もあれば、悪い評価もあります。
ただ、車体の割には車内空間が広く、荷室が広いという点ではおおむね満足している人が多いようです。
あとは、内装が安っぽく感じたりするところが我慢できなければ、自分で工夫するのも、良いかもしれません。
興味を持った人は、中古車でモビリオスパイクを探してみてはいかがでしょうか?

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿