車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » ワゴンRワイド

ワゴンRワイド

読了までの目安時間:約 2分

スズキ株式会社が以前開発・販売していたコンパクトカータイプのワゴンR『ワゴンRワイド』をご紹介したいと思います。

軽自動車として非常に人気が高かったワゴンRの普通自動車タイプとして1997年に登場し、1999年まで販売されていました。

普通自動車ではありますが、パーツの多くをワゴンRと共用していたためワゴンRの名前がつくことになりますが、3代目になるとワゴンRの名前は消えソリオとして新しい系列を作ることになります。

『ワゴンRワイド』の基本性能は、ボディタイプ「5ドアトールワゴン5人乗り」エンジンタイプ「K10A型直列4気筒DOHC(1.0L)・K10A型直列4気筒DOHCターボ(1.0L)」
トランスミッション「4速AT・5速MT」駆動系「FF(前2輪駆動)・4WD」全長「3,400mm~3,470mm」全幅「1,575mm」全高「1,670mm~1,705mm」燃費性能「15km/L~20km/L(10・15モード)」となっています。

なお、コンパクトカーながら最高出力100PSを達成するターボモデルがあります。

ワゴンRワイドとしては2年間のみの販売でしたが、それからワゴンRプラス、ワゴンRソリオ、そして『ソリオ』というよう歴史をふむことになります。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿