車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » サバンナ

サバンナ

読了までの目安時間:約 2分

サバンナ(マツダ株式会社)を知っていますか?
サバンナは、1971年から1978年にかけてマツダが製造・販売していた乗用車であす。
同車はコスモ、ファミリア、ルーチェ、カペラに次ぐロータリーエンジン搭載車として、1971年より発売されました。
そして、同車はあの有名なRX-7の先行車種となります。
車の形状は、2ドアクーペ、4ドアセダン、5ドアワゴン(いわゆるサバンナスポーツワゴン)の3つが販売されていました。
また、マツダの方針により、サバンナのライトバンにロータリーエンジンを搭載
した試作機を作製しましたが、経済性に問題があり、発売には至りませんでした。
サバンナは、ロータリーエンジンのみでしたが、レシプロエンジン版の姉妹車としてグランドファミリアがありました。
1972年に「日本GP」に優勝した車の市販バージョンの「サバンナGT」が最高出力125馬力、12Aエンジンを搭載して発売されました。
同車は日産のGT-Rの連勝記録を止めた能力の割に値段が比較的安価だったので、コストパフォーマンスに秀でたスポーツカーとして人気がありました。
1975年にマイナーチェンジによって1976年度の排出ガス規制に適合しましたが、RX-7が後継車種として登場したため1978年に製造中止となりました。
興味がある人は、インターネットで検索してみてください。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿