車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » シャレード

シャレード

読了までの目安時間:約 2分

ダイハツ自動車工業が以前開発・販売していたコンパクトカー『シャレード』をご紹介したいと思います。
この『シャレード』という車は初代のモデルであるG10系が1977年に販売を開始し、4代目となるG200系が2000年まで販売されていました。

『シャレード』はフロント部分の長さが特徴であり、これはフロント部分にエンジンを横置きしたことで、室内空間を確保しようとしたためであり、当時は特徴的なフォルムが話題となったそうです。

『シャレード』の基本性能は、ボディタイプ「3/5ドアハッチバック・4ドアセダン5人乗り」エンジンタイプ「HC-E型直列4気筒SOHC(1.3L)・HE-EG型直列4気筒SOHC(1.5L)・HD-EG型直列4気筒SOHC(1.6L)」トランスミッション「5速MT・4速AT」駆動系「FF(前2輪駆動)・4WD」

全長「3,750mm~4,100mm」全幅「1,620mm」全高「1,385mm~1,410mm」
燃費性能「22km/L(10・15モード)」となっています。

『シャレード』自体は2000年に販売が終了されることになりますが、中国や台湾などでは現在も改良を繰り返し販売されているという特徴もあります。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿