車査定相場表と一括査定で車を高く売る方法 » 高く売れる人気の車種 » サイノス

サイノス

読了までの目安時間:約 3分

サイノスは、英語で「目標」「注目の的」などを意味する「cynosure」から取られ、1991年1月に発売されました。
北米では、ターセル2ドアクーペの後継車種として販売され、グレードは、α(アルファ)とβ(ベータ)の2種類が設定されました。

αは5E-FE型(105PS)、βは5E-FHE型(115PS) DOHCエンジンをそれぞれに搭載し、βでは、4輪ディスクブレーキや電子制御サスペンションTEMSが、オプションとして選択することも可能です。
1995年8月にモデルチェンジを行い、グレードは先代同様にα(アルファ)とβ(ベータ)を設定。
αは4E-FE型1.3L DOHCエンジン、βは5E-FHE型1.5L DOHCエンジンを搭載しています。
先代は2種類の1.5Lエンジンでグレードが別れていましたが、2代目は排気量別となり、少々の改良が施されています。
排気量が1.5L車は5速MTと4速AT車があり、1.3L車は4速MTと3速AT車が設定されています。
1.5Lクーペモデルのみの設定ですが、2代目は1.3L車で更なるコストダウンを図っています。
双方の装備に差が大きく、中間グレードとしてαのランニングコンポーネンツに、β同等の装備を施したα junoパッケージも設定されています。
1996年8月に、ボディにコンバーチブルを追加で設定されています。
スタイリッシュなクーペボディと開放感あふれるコンバーチブルボディを与えられ、クーペ仕様と同様にグレードを1.5Lと1.3Lの2種類にし、人気モデルとなっています。
コンバーチブル追加時に、クーペ版は一部仕様変更で「安全装備の全車標準装備化」されABS・デュアルエアバッグが標準装備になりました。
1997年のマイナーチェンジでヘッドライトがマルチリフレクターとなり、衝突安全ボディGOAを標準装備し、交通事故の怪我防止として設定されています。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿